2017年6月24日土曜日

700トンほど放流があったけど、今日は水が多いなと感じた程度で変化はなかったです。

この水量だと二段目で左差しが出来るらしく、初めてやってみたもののフェースが固いというか、フェースとボトムがスライスみたいになって刺さりにくかった。

上がる前にちょっと静水をやってみたら、まだまだ力が出ないことが分かり、万全になるまで1年くらいかかりそうな予感がしてます。



2017年6月11日日曜日

玉置口

北山川で漕ぎ始めて10年以上になりますが、今回はじめて玉置口までダウンリバーしました。
まぁたぶん肩の調子が普通であればムササビで遊ぶわけで、こんなとこまでダウンリバーすることもなかったでしょう。

一部細いところはあるものの、新しいトンネルが出来てアクセスはずいぶん楽になってました。


発電放流もほとんどなく田戸までなんとか漕いで、ここからは流れが完全に止まったようなとろ場をひたすら漕ぐ。


30分ほど黙々と漕いで玉置口に到着。
田戸の階段かここまで漕ぐかと何度となく聞いたことがありましたが、どう考えても田戸の階段の方が楽でしょう。


2017年5月20日土曜日

スポットで遊ぶ

そろそろ半袖でもいいかなと思える気候でした。腕もかなり動くようになってきたて今日は20回程度スポットに入りましたが、どれくらい動かしてどれくらい力をかけてもいいのかまったくわからないので、上がってからの腕の疲れや痛みが結構出てしまいました。

今年は右カートで艇が安定しやすい流れになっているようで、さっさと治らないかなと思ってます。


役場の方から石積み等しないでほしいと Facebook に書き込みがありました。
石積みされた形跡はありませんが、今後の注意喚起でしょうかね。


2017年5月7日日曜日

GW最終日

今年もあっという間のゴールデンウィークでした。
昨日で帰るカヤッカーが多くて数名ほど陸で見かけた程度で、今はスタートも早いしムササビでもほとんど遊ばないので、誰とも会わずに漕ぎ終えました。

初日に今シーズンはほぼ絶望的だなと思ったけれど、11日間漕ぎ続けてフォワードに関しては違和感がなくなりました。

5年前の時は激痛でもリハビリしてたけれど、治る兆候をまったく感じなかったので、個人的にはやる意味がないように感じてます。
やはり激痛が取れてきてからのリハビリがいいのではないかと感じました。



KEEN のソールが剥がれた。これは G17 でいいんですかね。


2017年5月4日木曜日

球磨川

4〜5日で球磨川へ行ってきました。
10数年ぶりになので川については全く記憶なし。日本三大急流のひとつですが、かなりイージーな川でした。




タイミングよくSLに遭遇できました。



翌日、支流の川辺川へ偵察へ行くも、水量が少なく今回も漕がず。



2017年5月1日月曜日

3日目

今日で3日目。フォワードに関してはかなり違和感がなくなってきたと言うか力を出せるようになってきました。でもバックフォワードはほとんど変化なしで全然力が出せない。

今回の五十肩は、整形外科にも行かないリハビリもしないことにしましたが、前回の整形外科の整体師には、体のバランスに注意することと、肩は動かすようにと言われていたので、動かすタイミングをいつにするかはと言う疑問はありますが、リハビリしないとだめだと言うことがわかりました。


ムササビの下もループできそうな感じに掘れてます。ただし今日の放水量は15トンです。


2017年4月29日土曜日

シーズン始め

昨年北山シーズンが終わって少したった頃より肩に違和感があり、それは2度目の五十肩でした。結果いっさいカヤックをなしで今シーズンを迎えてしまいました。

日常生活では基本的に問題のないレベルまで回復しましたが、今日カヤックをやってみると左腕が半分くらいしか力が出ず、思ってもみなかった事に。当分リハビリ的なカヤックをするしかなさそうです。


大滝から下りましたが全然変化なしです。